muryou

無料で、タダでスペインに格安航空券を買わずに行く方法。TOP > マドリッドの治安 > マドリッドの治安について

マドリッドの治安について

 
マドリッドの治安についてお話します。

マドリッドの治安、スペインは危険といわれていますが、本当でしょか?


私は、2010年1月5〜26日まで、スペインを旅行していましたが、治安に関して危険なことは何一つなっかたです。


インターネットなどでは、スペインの特にマドリッドの治安はかなり危険と言われています。

まるで、スラムのように、日常的に日本人を狙った首絞め強盗が多発しているかのように、マドリッドの治安に関して書かれているサイトも見かけます。


私は2010年1月11日に在スペイン日本大使館に直接出向き、領事館の人にスペイン国内とマドリッドの治安を直接確認しましたことを、今からお伝えします。

在スペイン日本大使館管轄地域の主要邦人犯罪被害例からも確認できます。


まず、首絞め強盗は10年ほど前は、確かに多発していましたが、ここ最近のマドリッドの治安強化により激減、最近は皆無とまではいかないが、まず、日中はほとんど発生しないそうです。

マドリッドの治安に関しては、スリ、置き引き、ひったくり、ボッタクリ、タクシーのふっかけ等の犯罪は、多いそうです。


ただし、このような犯罪は、ほとんど防ぐことができます。

そのため、スペイン国内とマドリッドの治安に関して気にする必要は、特にないです。


スペインで犯罪を防ぐ方法は簡単です。


・ズボンのポケットに財布を入れない。

・手提げカバン・リュックサックの中に、パスポート・財布など、貴重品を入れない。

・パスポートは、腰巻ベルトの貴重品入れなど、体に密着させて保管する。

・財布は、チェーンなどをベルトのひも通しなどに引っ掛け、財布を体の内側(ズボンとシャツの間)に、入れる。

・タクシーに乗ったら、メータを倒しているか、確認する。(倒していなかったらメーターと言う)

・人通りのほとんどない通りを、歩かない。

・レストランでは、店の前に料金が張り出している店に入る。

・気軽に声をかけてくる人間を信用しない。

・人から、食べ物・飲み物をもらっても、食べない。飲まない。


この程度のことを注意すれば、スペインでマドリッドの治安の悪さを気にする必要はなく、犯罪に遭うことはほとんどありません。


まず、治安に関して、マドリッドのスペインの犯罪は、スリ・ひったくり・置き引きがものすごく多いです。

マドリッドの治安で、特に注意するのが、地下鉄の中でのスリです。

そして、その被害者のほとんどが、かばん・リュックサックの中に、パスポート・財布などを入れています。

そのようなことをしては、マドリッドの治安の悪さ以前の問題で、日本以外のほとんどの国では、盗まれて当然です。


かばん・リュックサックの中に、パスポート・財布を入れなければ、相当犯罪に遭う可能性が少なくなります。

マドリッドの治安に関しては、この事に一番注意しましょう。


マドリッドの地下鉄は大変危険だといわれていますが、治安上、スリにさえ注意すれば、大変安全で快適です。

地下鉄・駅の構内に落書きなどほとんどありません。


特に、マドリッドの地下鉄の治安でも特に危険だといわれているのが、マドリッド・バラハス国際空港から、市内に出るまでの路線と言われています。

インターネットなどでは、夜はマドリッド市民は国際空港から自宅まで帰るときは、地下鉄で帰るのは治安が悪くて危険なので、当然のようにタクシーで帰るなどと書かれていますが、それはまったくの嘘です。


私は、2010年1月5日夜10時30分頃、国際空港からOpera駅まで、地下鉄に乗りましたが、マドリッド市民は当然のように地下鉄に乗って自宅に帰ります。

その理由は、マドリッドの地下鉄は便利で快適で治安が良く安全だからです。

夜の11時ごろでも、マドリッドの地下鉄では、女性一人で地下鉄に平然と乗っているぐらいの治安の良さです。


もし、マドリッドの治安に不安を感じている方は、泊まるホテルをアレナル通り Call del Arenal周辺にしましょう。

アレナル通り Call del Arenalは、夜の11時〜12時ごろでも人通りは絶えません。


ただし、夜の人通りの少ない通りを歩くのはやめましょう。


格安航空券は、もう買わない!「驚きの無料航空券入手法」を知りたい方は、こちらからどうぞ

 

マドリッドの治安記事一覧

マドリッドの治安について

マドリッドの治安についてお話します。マドリッドの治安、スペインは危険といわれていますが、本当でしょか?私は、2010年1月5〜26日まで、スペインを旅行していま...


 
inserted by FC2 system