muryou

無料で、タダでスペインに格安航空券を買わずに行く方法。TOP > スペインの観光について > マドリッドとその周辺の観光について

マドリッドとその周辺の観光について

 
マドリッドとその周辺の観光についてお話します。


私は、2010年1月5日〜13日まで8泊、マドリッドに滞在していました。

マドリッドの観光だけでなく、トレド、セゴビア、アビラ、エル・エスコリアルにも、マドリッドから日帰りで行ってました。



まず、マドリッドの観光ですが、私は3日あれば、ほとんど主要のマドリッドの観光スポットを見てまわれると思います。


私がマドリッドの観光した日程をご紹介します。


・プラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館で1日

・王宮、王立サン・フェルナンド美術アカデミー、プエルタ・デル・ソル周辺で1日

・ソフィア王妃芸術センター、その他の観光で1日


このようにマドリッドを観光しました。


マドリッドを観光して、一番見ごたえがあるのは、マドリッドの最大の美術館、プラド美術館です。

とにかく展示している美術品の数が違います。

マドリッドの最適の観光プランとしては、朝、一番にプラド美術館に行きましょう。

マドリッドでは、相当、プラド美術館では時間が取られると思ってください。

あとのマドリッドの観光地については、地球の歩き方等のガイドブックを参照してください。


利用する交通機関ですが、マドリッド市内を観光するのに、一番便利で快適なのは地下鉄です。

インターネット等で、マドリッドの地下鉄を使うのは危ないと散々言われていますが、はっきり言って半分はデタラメです。

手提げカバン・リュックサック等に、財布・パスポート等を入れなければ、まずスリに遭いません。

リュックサックに財布を入れる場合は、南京錠などで鍵をかけましょう。


マドリッドの最適の他の交通機関は、徒歩ですね。

特にプエルタ・デル・ソル周辺とスペイン広場、王宮、王立サン・フェルナンド美術アカデミーは、徒歩で十分マドリッドの観光スポットをまわれます。


マドリッドのバスは、基本的には使わないほうがいいですね。

どのようなルートでバスが走っているのか分かりません。


マドリッドは、観光スポットが周辺に集まっていますから、効率よくマドリッドの観光ができます。


芸術が好きな方は、マドリッドは大変おススメの観光都市です。



次はマドリッド周辺の観光についてお話します。


トレド、セゴビア、アビラ、エル・エスコリアルは、マドリッドから十分日帰りで観光できます。


マドリッドからの行き方だけご紹介します。


トレドはスペインの新幹線Avantで行けます。

マドリッド・アトーチャ駅から30分で着きます。


セゴビアもスペインの新幹線AVE・Avantで行けます。

マドリッド・チャマルティン駅から30分で着きます。


アビラは、快速列車で行けます。

マドリッド・チャマルティン駅から1時間30分前後で着きます。


時刻表は、インターネットのスペイン鉄道の時刻表・トーマスクックの時刻表で確認しましょう。


エル・エスコリアルは、鉄道の近郊線C8で行けます。

マドリッドのアトーチャ又はチャマルンティン駅から45分〜1時間で行けます。

時刻表は、駅に看板みたいな時刻表のボードがあります。

確認しましょう。


スペインの鉄道を利用して往復券を買った場合、注意する事があります。

切符を購入する時に行きと帰りの切符を、ホッチキスでくっつけて渡されますが、両方の切符は必ず離さずに、戻ってくる終着駅まで持っていましょう。

詳しく説明しますと、目的地から帰ってくる時にも、行きの切符が必要です。

スペインの鉄道では、必ず検札があります。

その時に、往復切符で行きと帰り両方の切符を持っていないといけません。

私は、往復切符を買って目的地についたときに行きの切符を捨ててしまい、帰りの列車の検札で車掌さんに「なぜ、行きの切符が無いのだ?」と言われました。

私が「行きの切符は捨てた。」と言いますと、車掌さんは「往復切符は行きの切符も必要ですよ!」と言われてしましました。

結局、私は外国人でそのようなルールを知らなかったと言う事で、「今後は注意するように!」と言われただけで済みました。

外国では、日本の感覚で物事を行動すると、まったく想像もできないような事があるということを痛感しました。

色々な習慣の違いに注意しましょう。



利用する交通機関ですが、トレド、アビラ、エル・エスコリアルの観光は、全て徒歩です。

セゴビアは、スペインの新幹線AVE・Avantが停まる駅からセゴビアの町までバスで行きます。

あとは、セゴビアの町では全て徒歩で観光地をまわります。

セゴビアには、普通列車が停まる駅とスペインの新幹線AVE・Avantが停まる駅が違うので注意しましょう。

詳しくは、地球の歩き方等のガイドブックを見てください。


トレド、セゴビア、アビラ、エル・エスコリアルの観光は3〜5時間もあれば終わります。

朝7時におきれば、遅くても18時にはマドリッドに帰ってこれます。


スペインは、冬でも18時ぐらいまでは明るいですので、時間を気にすることなく、日帰り旅行ができます。



各観光地の詳しい説明は、地球の歩き方等のガイドブックを見てください。



格安航空券は、もう買わない!「驚きの無料航空券入手法」を知りたい方は、こちらからどうぞ


 

スペインの観光について 記事一覧

マドリッドとその周辺の観光について

マドリッドとその周辺の観光についてお話します。私は、2010年1月5日〜13日まで8泊、マドリッドに滞在していました。マドリッドの観光だけでなく、トレド、セゴビ...

グラナダの行き方と観光について

グラナダの観光についてご紹介します。まず、マドリッドから次の旅行の目的地はグラナダにするのが一番良いと思います。その理由ですが、グラナダに行くのは交通の便が悪い...

セビーリャの行き方と観光について

セビーリャの観光についてご紹介いたします。私は、スペイン国内の観光をするならマドリッド⇒グラナダ⇒セビーリャと行程を組む事をお勧めします。その理由は、グラナダは...

コルドバの行き方と観光について

コルドバの観光についてご紹介します。コルドバは観光地として、大変交通の便がいいです。スペインの各地から、コルドバへはスペインの新幹線AVEで行く事ができます。 ...


 
inserted by FC2 system